サイバーエージェントの藤田晋さんの「起業家」をKindleでDLしていたのですが、読んでいなかったので一気読みしました。
Kindle版がお得なのでオススメです。275円引き

藤田さんの書籍を初めて読むのでわくわくしながら読みました。
もっとサクッと色々されていると勝手に思っていたのですが違いました、、、
アメーバを成功させる為に、失敗すれば辞める覚悟で挑まれている場所はドキドキでした。

ページビュー数の多さが、そのままネット業界での力関係に影響します。強いメディアに広告取引を打ち切られたり、サービスへのリンクを外されたりすれば、ネット業界で商売していくことが困難になるからです。

資金力があって、それを大量に宣伝に費やしたところでメディア事業が立ち上がるほど甘くはない

ひたすらユーザーの利便性を向上させたり、コンテンツを揃えたり、新機能を加えたり、ページビューを伸ばす事に集中するべきなのです。

サイトがサクサク動くようになり、より使いやすくなっていった先に、便利な機能や面白いコンテンツなどが必要になってくるのです。

テレビ局のプロデューサーが視聴率を稼ぐためにコンテンツを強化しようと考えるのと同様に、我々はページビュー数を稼ぐために、何より技術力を強化しなくてはなりませんでした。
藤田晋さんの起業家より引用

アメーバは立ち上げた最初赤字で、それでもやりたい事業だったのでそこから今のアメーバへ成長する中での、
藤田さんのコトバで、このサイトの今後にも関係ありそうと思った所を引用させてもらいました。

読むまでは、
ユーザーの利便性とコンテンツはまったく別物だと考えていたのですが、

どっちも一緒なんだと感じました、
そして、目標はページビュー数一本でいいんだ

その為に利便性とコンテンツを両立させて行く必要がある。

メディア、サイト、ブログなどを作る時には、これを常に頭に置いて行動していこうと思いました。

■イメージ■
収益化←本当にいいサービスだったら!
  ↑↑
最優先)ページビューを上げる
  ↑↑
 ・コンテンツ 詳しい、面白い、役に立つ、何でもあるなどなど
 ・利便性 サクサク動く、見やすい、使いやすい、分かりやすいなどなど

藤田さんもアメーバー好きのように、自分のサービスを僕もいっぱい活用して大好きになっていこうと思いました。

次はこれ読もうかな。