こんにちは!キッチンカンパニー@shinichirou_fです。

Gmailはめっちゃ便利で、登録時のアドレスは全部Gmailでまとめています。
でも、それだけだったらメールチェックだけでムダに時間を使っちゃうのでフィルタ機能を使っています。

フィルタ機能とは、
受信したメールを自動で、フォルダに入れたり、転送したり、既読にしたり、削除したりと勝手にやってくれるめーーっちゃありがたいシステムなのです!

今まで、一つ一つ手作業でやっていたりした事を、勝手にやってもらう事で効率があがるのです。
定期的に届くメールがあるけど、基本は必要なくたまに見たいメールなんかはこれでフォルダに分けるだけでムダが減ります。

堀江貴文さんが書籍の中で、このGmailの活用方法を色々と紹介されていてその中でフィルタ機能をしり使いだしました。
一日5000通のメールを処理するって社長だとしても凄いですよね!

Gmailでフィルタを設定する
ChromeなどからGmailを開き、右側にある設定マークをクリックして、「テーマ」を選択
スクリーンショット 2013 06 02 12 28 32

タブで「フィルタ」を選択し、下の方にある「新しいフィルタを作成」をクリックします。
スクリーンショット 2013 06 02 12 28 55

こんな画面が出てきますので、
■僕がフィルタ掛けたいのは、件名に「BackWPup log」と入っているので件名の所に入力しました。
■同じアドレスからのメールの場合は、「From」にアドレスを入力すればOKです。
■Facebookからの色々な通知メールなどの場合は件名に「Facebookの〇〇」のようなメールが来ますので、
「含む」の所にFacebookと入力すればOKです。

終わったら「この検索条件でフィルタを作成」をクリック
スクリーンショット 2013 06 02 12 29 39

次に、ラベルをつけるの右の選択の所を押して「新しいラベル…」をクリック
スクリーンショット 2013 06 02 12 59 54

新しいラベル名を適当に入力します。
下の「下位にネスト」はお好みでどうぞ。
終わったら「作成」を押します。
スクリーンショット 2013 06 02 13 00 20

「受信トレイをスキッップ」と「ラベルを付ける(WordPressバックアップ)」にチェックを入れました。
そして「フィルタを更新」を押します。
スクリーンショット 2013 06 02 13 00 30

設定のフィルタ画面でこのように表示されていたらOKです!
スクリーンショット 2013 06 02 13 01 12

これでこのWordPressのバックアップメールが毎日来るのですが、フォルダに入るようになって、たまーにバックアップを確認したい時に開くだけのチェックをするだけでいいようになります。