友達と話している最中に、
「お守りって何個か持っているとダメなんやで!」と言われてびっくりしましたので、
調べてみました。

結果

何個もっても大丈夫。

お守りはあくまでお守りなので、大切にしながら自分もがんばりましょう。

神様の相性もある説

徳の高い立派な神様同士が、ケンカをし、ましてやそれでご利益が相殺されるなんて、基本的にありません。実際、神社の境内自体、いろんな神様が一ヶ所に集まっていらっしゃることもあります。その神様の組み合わせも神社によって千差万別。神社でさえそうなのですから、お守りなら尚更大丈夫です。

そうした中で何か注意をするならば、 神様にも相性があるということ。生前仲の悪かったお二人の神様のお守りを一緒のポケットに入れるのはNGです。

また神様にもそれぞれ「位」があるようですから、神札などをお供えするとき、どの神様を中央にするかは気を使ったほうがいいでしょう。
お守りの持ち方より

お守りを複数持ったくらいで喧嘩するほど神様の懐が浅くない説

非常に最近の考え方で、「神様」というものを皆キリスト教的な解釈によるそれと同じように捉えてのことだと思います。
日本の八百万の神様達は非常に素朴な自然崇拝などから発生しているものが殆どなので、「何でもちゃんと告白すれば許してくれる」というような懐の深い神様達ではありません。

お守りをたくさん付けると神様は喧嘩するの? – BIGLOBEなんでも相談室

手作りお守り袋と縁起モチーフ