ホリエモンチャンネルを観て、
無人電車がなぜ普及しないのか気になったので調べてみました!

実際に無人で運転されているのは「ゆりかもめ」

側方案内式の新交通システム車両で、軽量ステンレス製車体。車号の19・20・29・30は欠番。ゴムタイヤを履いている。電気方式は三相交流600V。ATO、ATCなどの保安装置のバックアップにより無人運転されるが、荒天時に稀に有人運転される場合もある。
ゆりかもめ (鉄道会社) – Wikipedia

ATO,ATCという保安装置のバックアップのおかげで無人化出来ているそうです。

ATO(自動列車運転装置)とは?

列車の運転を自動化する運転保安システムである。主に、人に対する安全性が確保しやすい地下鉄や新交通システムに使われている。

詳しくはWikipediaで⇒自動列車運転装置 – Wikipedia

ATC(自動列車制御装置)とは?

鉄道における信号保安装置の一種である。

その定義は、「先行列車との間隔及び進路の条件に応じて、車内に列車の許容運転速度を示す信号を現示し、その信号の現示に従って、列車の速度を自動作用により低下する機能を持った装置をいう。」となっている。(運転安全規範)

詳しくはWikipediaで⇒自動列車制御装置 – Wikipedia

ワンマン運転

無人化までいかず、ワンマンで運転されている所がある。
無人にせず人を乗せている理由はこちら。

ワンマン運転は安全の為に使われている

バス停留所や駅では、運転士が戸を開け客扱いを行う。出発する際には、運転士が安全確認を行い戸閉め操作を行う。車内放送も運転士が行うが、テープなどによる自動放送を主体とし、運転士は自動放送で対処できない内容を補助的に放送するようになっていることが多い。

鉄道の場合、運転士の失神などで一定時間機器操作がなされなかったときに非常ブレーキを動作させる緊急列車停止装置や、事故時に付近の列車を停止させる列車防護無線装置、車内の乗客との非常通報・通話装置などが設けられる。また、ホームに後方確認用ミラーやビデオカメラ・モニターを設置し、照明の増設や上屋高さの向上など安全確認をしやすくする改良も行われる。

バスの場合、バスジャックが発生した際の非常通報装置が設けられることもある。また狭隘区間を有する路線では、後部モニター装置つき車両を導入したり、狭隘区間のみ誘導員を乗車させたりすることがある。
ワンマン運転 – Wikipedia

無人化だと線路に誰かが入ったり、
ドアの開閉のサポートだったり、
緊急事態への対応の為にワンマンにされているようです。