MacのEvernoteアプリを使っているのですが、ノートを間違って削除や上書きしてしまった時には前のバージョンのデータがゴミ箱に残っています。

ゴミ箱を開いてから、上書きしてしまったノートを選択して復元するだけで元通りになります。このゴミ箱の中のノート達は自分で削除するまで残っているので、ゴミ箱の中で間違って削除するまでデータは残っているので安心です。

でも、MacのEvernoteのアプリ上でゴミ箱を見つける事が出来ません。
「すべてのノート」の一番下にあるという情報があったのでずーっと下までスクロールしても見つかりませんし、検索窓にゴミ箱と検索しても出てこない。そして色々とググっても全然ほしい情報が見つからない。

それなのでぼくがMacのEvernoteでゴミ箱を見つけた方法を書いて置きたいと思います。またいつか間違ってノートを削除するかもなのでw

まずはMacのアプリでは見つける事が出来なかったので、ウェブサイトから復元します。

Evernote公式サイトからサインインしてから、
大切な仕事のためのワークスペース | Evernote

左側のノートブックアイコンを選択すると一番下にゴミ箱が登場しました!
Macのアプリで時間を浪費していた事がウソのように、サインイン後数秒で発見する事ができました。

スクリーンショット 2015 09 18 19 34 33

あとは復元したいノートを選択してから「消去」と「復元」ボタンが出てきますので、間違わないように復元ボタンを押すと復元の完了です。
MacのEvernoteアプリに戻るとそっちにも無事復元されていました。間違っても消去ボタンは押さないように!消去してしまったらEvernoteに頼んでも復元する事は不可能のようですので扱いは慎重に行いましょう。

スクリーンショット 2015 09 18 19 35 36