WordPressで簡単にセC対策出来るプラグインのGoogle XML Sitemapsを入れてみました。
このプラグインのいい所は、
Googleの検出出来ないページまで、サイトマップを作ってGoogleに知らせる事が出来る事と、
検索エンジンで引っかかりやすくなる事と、
記事を更新してから、検索エンジンに登録に早く登録させる事みたいです。

一度設定するとずっと勝手にやってくれるのでちょっと長いですがやっておく事をおすすめします。

設定方法と、Googleのヴェブマスターツールの登録、Bingのウェブマスターツールの登録です。

■まずGoogle XML Sitemapsをインストールします。そして有効化です。
最後のSが付いてないものも出てくると思いますが(下の画像)、それは違うのでお気をつけを!

スクリーンショット 2013-02-01 0.15.15

■設定>XML-Sitemapをクリックします。
スクリーンショット 2013-02-01 7.46.25

■基本的な設定
7つ目の「サイトマップの。。。」のチェックをはずします。
スクリーンショット 2013-02-01 7.46.36

■追加ページの設定
必要な方はやってください。スルーしました。
スクリーンショット 2013-02-01 7.54.10

■投稿の優先順位
変更無しでいいと思います。
スクリーンショット 2013-02-01 7.55.30

■サイトマップの場所
自動検出されてない場合は設定してください。
スクリーンショット 2013-02-01 7.55.50

■Sitemapコンテンツ
以下の設定がオススメです。
スクリーンショット 2013-02-01 7.56.15

■含めない項目
そのままで大丈夫です。
スクリーンショット 2013-02-01 7.56.47

 

■更新頻度の設定

毎日に設定しても毎日クロールさせる訳ではないようです、
僕のように毎日投稿させているような方は「投稿(個別記事)」を毎日にするのがオススメです。
スクリーンショット 2013-02-01 7.58.05

■優先順位の設定
僕のように毎日投稿させているような方は「投稿(個別記事)」の数値を大きくするのがオススメです。投稿の優先順位で「優先順位を自動的に検出しない」に設定している場合有効。
スクリーンショット 2013-02-01 7.59.19

■設定を更新して完了です。

■サイトマップはまだ構築されてないのでもう少しです。

■設定>XML Sitemapと移動し、赤枠のリンクをクリック
スクリーンショット 2013-02-01 8.01.50

■これでサイトマップが構築されました。GoogleとBingにも通知されたようです。
スクリーンショット 2013-02-01 8.02.24

ーーーーーGoogleウェブマスターツールに通知するーーーーー
■設定>XMLSitemapと移動します。そして左側のGoogleのウェブマスターツールをクリック
スクリーンショット 2013-02-01 8.04.56

■ログインして、URLをいれて「サイトを通知」をクリック
 アカウントを持っていなかったら新規登録します。
スクリーンショット 2013-02-01 8.07.38

■赤枠をクリックしたら「google〇〇.html」というファイルがダウンロードされます。
スクリーンショット 2013-02-01 8.09.04

■こんなファイルです。
スクリーンショット 2013-02-01 8.10.45

■FTPソフトで一番上のフォルダにアップロードします。
スクリーンショット 2013-02-01 8.15.17

■アップロードの確認をします。
自分のブログのアドレス+先ほど落としたHTMLファイルの名前でアクセスします。
スクリーンショット 2013-02-01 8.16.42

■「確認」をクリック
スクリーンショット 2013-02-01 8.17.34

■「続行」をクリック
スクリーンショット 2013-02-01 8.18.16

■Googleウェブマスターツールの登録完了です。
登録終わっても、ツールが使えるまで数時間かかる場合があるようです。
スクリーンショット 2013-02-01 8.19.32

ーーーBingウェブマスターツールに通知ーーー

■設定>XMLSitemapをクリックして、左側にあるBingのウェブマスターツールをクリック
スクリーンショット 2013-02-01 21.48.25

■Bingにログインします。
アカウントが無い場合は新規登録します。

■自分のサイトURLを追加して「追加」をクリックします。
スクリーンショット 2013-02-01 21.52.49

■サイトの追加です。
下記の用に書いてもらえば大丈夫です。
スクリーンショット 2013-02-01 21.58.33
スクリーンショット 2013-02-01 21.58.44

■サイト所有者を確認します。3つのやり方があります、好きな方法でどうぞ

ーー1つめーー
Googleの時のようにやっていきます。
1、のファイルをダウンロードし、
2、FTPソフトを使い一番上のフォルダにアップロードする
スクリーンショット 2013-02-01 22.01.15

■3、ブラウザで確認する。
このように表示されれば大丈夫です。
スクリーンショット 2013-02-01 22.02.42

ーー2つめーー
■外観>テーマ編集>header.phpを編集し、コードを追加します。
スクリーンショット 2013-02-01 22.05.20

ーー3つめーー
■外観>テーマ編集>DNSサーバーにCNAMEレコードを追加します。
やり方がわからなかったので割愛させてくださいw

■3つのどれかで登録を終わらせたら左下の「確認」をクリックします。

■これでBingウェブマスターの登録は完了です。
スクリーンショット 2013-02-01 22.08.02

以上で終了です。お疲れ様でした。